多摩のまちとひとをつないでいく

けやき出版

編集部ブログ

たまもの増刊号vol.3配布開始しました!

カテゴリ:お知らせ

台風からのラブコールでぐずついていた天気もやっと快晴になりましたね!
そんな雲一つない爽やかな空の下、「たまもの増刊号vol.3」が配布開始となりました。

今回のたまもの増刊号は「安全・安心の取組2016」と題しまして、私たち乗客が快適かつ安心してモノレールに乗車出来るようにするための取組を紹介しています。

普段気にしていないところも、実は少しずつ変わっているのです!
堅苦しくなく、気軽に読んでいただける内容になっていますので、
是非手に取ってみてください。

一緒に乗った友達にドヤ顔で披露したくなる情報満載ですよ〜!

しごとバーでバーテンダーに挑戦!

カテゴリ:イベント

つ、ついに編集長ってば夜のお仕事まで…?!

と驚きの皆さん、ご安心ください。
日本仕事百貨さん主催の「しごとバー」にてバーテンダーを務める編集長の様子です。

「しごとバー」→http://shigoto100.com/event/20160819

「多摩でつながらナイト」と題して、多摩のことを熱く、ゆるく語る一夜になることを願いながら編集部一行は東京の東側江東区は清澄白河へ行って参りました!
どんな方が来るのか、どのくらいの人数が来るのか、まったく予想が出来ずハラハラドキドキしていましたが、予想以上にたくさんの方に来ていただいて(仕事も忘れて)、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

多摩にゆかりのある方から、多摩を全く知らない方、さらには都外からお越しの方まで幅広〜くご来場いただいて、目を輝かせながら多摩アピールに明け暮れる編集部。

元々地方出身で上京してからも23区に住み、多摩の魅力を知った後に移住してきた私(編集部I)としては、多摩を知らない方に多摩を知ってもらって、好きになってもらえるきっかけを作る場になっていたら嬉しいな〜と思っています。

…それにしても、バーカウンターの中に立つ編集長、馴染みすぎです!
同行編集部の間では「あれは完全にママだ…」と噂されていました。
そんなバーテンダー(ママ)に悩みを聞いてほしい全国の皆さま、オファーお待ちしています。

体を張った取材。

カテゴリ:裏側探訪

7月中は、毎日のように通っていたあきる野。
取材も終わり、入稿作業に追われている毎日ですが
体を張った取材の裏側をチラ見せ。

鍾乳洞へ。

IMG_4461

30℃を超える7月某日、一歩足を踏み入れるとそこは気温10℃の世界。

軽装の自分に後悔しつつ中腰で進むこと30分、そこはまさに洞窟アドベンチャー!
ヘルメットを被っていなければ、頭が血みどろになっていたに違いありません。。

IMG_4451

醤油づくり体験。

歴史あるあきる野の醸造所で、一連の流れを見せていただく。
衛生管理された瓶詰め作業の場に「給食のおばさん」に変身して出陣!
おいしいお醤油ができるまでには、丁寧な手作業と愛情と苦労がありました。

IMG_4098

IMG_4004

仕事だけでは飽き足らず、秋川でラフティング!

猟師の方への取材がきっかけで、ラフティングのイベントにもお邪魔することに。
ほぼ一日かけて上流から下流へボートで流され、いや流されきれずに岩につっかかりながらも何とか進み。

0009_xlarge

IMG_1232

調子に乗って崖からダイブまで!

IMG_1271

お昼はビール&猪の串焼き。

0098_xlarge

そして最後は瀬音の湯で癒されました~。。

当日は川の水量が少なかったそうで、ちょいちょい岩に激突したため次の日は身体中がアザだらけ。。

しかしまわりに「修造」と呼ばれる私のモットーは、「出せる全力は出せ!」。
明日も全速力で駆け抜けていきます…!

0143_xlarge

あっという間の2週間

カテゴリ:編集部の日常

M大学から来ました、Tと申します。

8月のはじめからインターン生として、けやき出版でお世話になっています。
初日は不安やら緊張やらでどきどきしていましたが、今ではすっかり慣れました。

元々「たまら・び」の市民ライターとして参加したことがあったため、けやき出版は好きだったのですが、今回のインターンシップでさらに好きになりました!

市民ライターの時とは違う形で、取材をしたり、社員さんと接したりできて、とても楽しいです。…正直、インターンシップなのにこんなに楽しんでやっていいのかと思って過ごしています。

インターンは12日までなので、残すところ今日と1日だけ…。(11日は山の日で休みなので、ないのです。)
あっという間で寂しさも感じていますが、今日とあと一日、一生懸命頑張りたいと思います!

hakkle

立川とゴジラ

カテゴリ:編集部の日常

編集部M岡と申します。

9割強が女性にて構成されているけやき出版に先月入社しました新米です。

入った当初は女子校に放り込まれた感で気持ちがいっぱいになりましたが徐々に体も慣れてきたようです。

せっかくなので私の新天地となりました立川について書こうと思います。

私が勤めるけやき出版があるのは中央線立川駅、多摩モノレール立川南駅からほど近くに立地しています。立川といえば、最近観た公開中の映画「シン・ゴジラ」にて登場していました。

20151210061352

唐突に海から現れ、自由気ままな散歩のごとく東京23区を練り歩くゴジラの進撃により都心重要機関が次々に破壊された日本は国家として崩壊寸前に陥ります。内閣府も破壊され、生き残った対策本部チームは立川にて新たな基地を設営、体制を立て直します。

立川広域防災基地は実際の撮影でロケ地として使われたそうです。

 

立川が撮影地に選ばれたのはたまたまではなく、現実で仮に政府や国家中枢が何らかの理由により物理的に破壊・壊滅された場合には自衛隊駐屯地がある立川が臨時拠点となる対策想定があるとか。

「ゴジラ」という巨大なフィクションの災害が物語の中心にはありますが、それ以外の政府や自衛隊の対応はリアルなシュミレーションにのっとり、「実際に東京都心が壊滅したら・・」を緻密に想像し表現されています。

その結果、最後の最後のクライマックスにゴジラと日本政府が真っ向対決する場所が我らが立川。

「最後の砦」というと何だかカッコイイ町に思えてきますが、現実に起きたらそれは「もうこの国ほんとにヤバイ」を意味するため、立川がそういったベクトルの盛り上がりを見せるのは映画の中だけに留めておきたいところです。

もちろん、ゴジラの力を借りずとも立川は注目すべき素敵な町です。

安くて美味しいお昼のお店が多いですね。嬉しい限りです。

これからも弊社けやき出版の毎日の拠点として、立川から日々情報を発信していければと思います。

 

かめさん天国

カテゴリ:裏側探訪

編集部M森です。
西国分寺に暮らす、ライターの石川さんプレゼンツで、
このあいだ、取材先の下見としてぶらり国分寺さんぽにいってきました。

さいしょに行き着いたのが、ここ。
総合医療センターの亀池。

IMG_0846

亀!

IMG_0845

亀!!

IMG_0843

亀!!!

こ、この数、、、。

ちいさいこどもはテンションあがってわちゃわちゃ遊んでいましたが、
偶然通りかかった大人はちょっとひいてしまうぐらいの数です^^

 

しかし、かわいいなあ。
親亀の甲羅にちょこんとのる子亀。

こがめさん

 

 

まちなかにふと佇むこういう光景が大好物です。
あー、眼福でございました。
石川さん、ありがとございました。

たまものGO

カテゴリ:裏側探訪

ポケモンは好きですが、ポケモンGOはやっていない編集部Mです、こんにちは。

けやき出版で制作している多摩モノレール沿線情報紙「たまもの」、手に取っていただけましたでしょうか?7月2日に発行している111号では「うなぎ特集」が大人気です!うなぎを食べにモノレールでGO!

さて、そんな「たまもの」の9月発行号の制作が開始されました!
芸術の秋ということでアート特集を予定しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、表紙撮影のためyuricameraさんと立川のまちを練り歩きました。
見慣れたまちも、アート作品を探して歩くと新鮮に映ります。

モノレール沿線でいろんな秋を満喫出来る情報を「これでもか!」と詰め込む予定ですので、お楽しみに!

今日も明日もあきる野へ。

カテゴリ:裏側探訪

ほぼ毎日、あきる野の自然を堪能している編集長です。
JR五日市線のボタン開閉作業にも慣れてきた今日この頃。

先日は、「湧き水でコーヒーを淹れる」ワークショップを取材してきました!
コーヒーと酒が大好きなワタクシですが、日々時間との闘いのためもっぱら飲むだけ。

photo_09

生豆から作業をすると聞き、せっかちな私にできるのかと不安になりましたが
豆を煎る音、挽いていく流れを追っていくにしたがって何だか穏やかな気持ちに。

photo_12

深煎り好きにピッタリな美しい豆が出来上がりました!

photo_37

これを機会に、ゆったりした時間の過ごし方が実現するかも!?

いや、するはず。
いやいや、してみせます!!

 

photo_114

photo by yuricamera

立場変われば…

カテゴリ:編集部の日常

こんにちは!なかなか梅雨明けせずモヤモヤしている編集部Mです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

webサイトリニューアルに伴い、編集部の顔写真を掲載するため、社内で突然の撮影会が行われました!

「たまら・び」や「たまもの」でいつも本当に素敵な写真を撮ってくださるカメラマンさんに撮影していただけるなんて光栄です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかしながらいざ撮ってもらうとなると、とっても恥ずかしい!
普段「自然な笑顔でおねがいしまーす」なんて言っている編集部ですが、撮られる側になると不自然な笑顔になってしまいました…。

それでも、カメラマンさんの盛り立てる声と腕のおかげで、出来上がってみれば素敵な写真に。

会社情報のページに若き女性社長兼編集長の写真を掲載しています。
まさか中身が「酒好きのオッサン」だとは誰も思わない出来映えですので、ぜひご覧ください!
けやき出版会社情報

はじめてのサイン現場を激写?!

カテゴリ:裏側探訪

mini_MG_2497

今回は取材の様子をちらっとお見せします。

続きを読む »