多摩のまちとひとをつないでいく

けやき出版

編集部ブログ

ファーレ立川アート

カテゴリ:未分類

初めまして!1月に入社した立川出身のN野と申します。

突然ですが、皆様は「ファーレ立川アート」というのをご存知でしょうか?

「ファーレ立川アート」とは、「驚きと発見」がコンセプトとなっており、36ヶ国92人のアーティスト作品109点が点在し、世界的にも広く知られるパブリックアートなのです。

先日「ファーレナビ」というアプリがあるのを教えていただき、いざファーレ立川へ!

ファーレ

作品を探したり、「ツアー」といってガイドもしてくれます。

すごい!!

IMG_3379

なっ、懐かしい・・・

小学校の授業で来たことを思い出し、少し泣きそうになりました。

他にも様々なアートがたくさんあるので皆様も見てみてくださいね。

文章がつたない私ではありますが、よろしくお願いいたします。

 

※歩きながらアプリを見たり、操作をしないようにしましょう。

家から一歩も出ずにけやき出版の本を買う方法

カテゴリ:たまら・び

こたつ

「けやき出版の本を読んでみたいけど、本屋に行くのが面倒だな〜寒いし」
と思っているみなさん!オンラインショップならこたつでぬくぬくしながら本が買えちゃいますよ。

sp_01

けやき出版のオンラインショップは、最新の「たまら・び」から、人気のグルメ本やおさんぽ本など多摩の情報満載の本たちをご購入いただけます。

sp_03

「外にも出たくないし、今すぐ読みたい!」という欲張りさんには電子書籍がおすすめ!
山奥でも孤島でも、ネット環境さえあればすぐに読み始めることができます。

sp_04

電子書籍は読みづらそうというイメージがありますが、好きな場所を拡大できるので、とっても読みやすいですよ!

ご利用には会員登録が必要となりますが、一度登録してしまえばその後は簡単に購入できるようになります。「立ち読み」機能なら、会員登録をせずに利用できますので、電子書籍の購入が不安な方はまずは1度お試しください。

lavie94

「たまら・び」最新号も電子書籍配信中!あたたか〜いお家の中でポチッと購入してみませんか?

ロケハンのおともにBROMPTON

カテゴリ:編集部の日常

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取材やロケハンで複数箇所まわる時の相棒、折り畳み自転車。
英国で1台1台全て自社生産されている「BROMPTON(ブロンプトン)」という自転車です。慣れてしまえば20秒前後で折りたため、少し大きめなロッカーに入ってしまうほどのサイズになる優れもの。

簡単にすばやく折りたためるので、電車に乗せて移動するのもラクラク。
会社からロケハン先までは電車で移動して、その後は自転車でまちを駆け回る。
そんな使い方ができるので、今では欠かせない相棒になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バスや電車でももちろんまわれますが、自転車ならより「まちの人」に近づける気がします。車窓からは見えないリアルな日常を感じられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひんやりした空気に負けそうになることもありますが、どこからともなく梅の香りが漂ってくると気持ちがほわっとあたたかくなります。その季節の移り変わりを誰よりも先に感じ取れる瞬間が楽しいのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
モノレールを追いかけながら冬のサイクリングを満喫している編集部Iでした。
次回3月に発行する「たまもの」は、多摩センターからのお散歩案内「うららか花めぐり」です。お花見スポットの情報も掲載予定なので、お楽しみに!

lavie94
多摩市といえば、現在好評発売中の「たまら・び」!「たまもの」が発行されたら、2冊を持って出かけてくださいね〜

多摩マガジンサミット2016

カテゴリ:イベント

himazine大望年会「多摩マガジンサミット2016」が
キョテン107で開催されました。

img_1652

————————————————————

意外と遊べる日野マガジン編集長(野村智子さん)
×
そういえば  さぁ、編集長(今田順さん)
×
たまら・び編集長(弊社の小崎)

(進行役で日野マガジン編集部の、渡辺健太郎さん)
————————————————————
img_1650

今回は3人とも着物で登壇し、
たちあげからこれからまでを語るという、
ボリュームたっぷりの年末感感じるトークショー。

会場は、界隈のクリエイターさんなどでひしめいていました。

トークの中で特に印象的だったのは、
今田さんの「街の会話を引き受ける」という言葉。
ちいさな、ささやかな、でも面白い市井のひとの“そういえば”を
誌面に花開かせることを大切にしていて、
地域の冊子を作る醍醐味だなーと。じんわり。

そして、
野村さんのフリーペーパー愛、紙愛もすごかったし、
小崎の多摩の街への愛もすごかった。

進行の渡辺さんがDeNAのWELQなどの記事問題(まとめサイト問題)についても
少しふれていて、個人的にすっきりしました。

そんな感じで、熱めの湯加減のイベントでございました。

なんだかこれからも頑張りたいなーと思えたお話も多くて、
年の瀬な今、行ってよかったなぁ。

15672574_1204435342970072_5263667565988429234_n
集合写真!

イベント「本と地酒と音楽と」やります。

カテゴリ:イベント

昨年発売した、三鷹〜立川のガイドブック『日常を旅する』。
おかげさまで増刷になり、この本がもっと楽しめるイベント「東京へそクリ2016」が1/19(土)〜27(日)、東小金井駅近くのアトリエテンポが開催されます。

11/19(土) – 11/27(日)「東京へそクリ2016」を開催します!

%e6%97%a5%e5%b8%b8

さらに、「東京へそクリツアー」の企画として弊社社長・小崎がガイドを務める「本と地酒と音楽と」があります!

日時:11月26日(土)12:00 – 15:00

会場:あかつき

   JR 立川駅北口 徒歩10分

   http://www.akatsuki-tachikawa.com

参加費:3,000円(利き酒セット・おつまみ・ライブ込み)

人数:10名ほど

ガイド:小崎奈央子

『日常を旅する』をはじめとした多摩エリアの本を読みつつ、多摩の地酒を利き酒しながら音楽療法士によるライブを聴いて、集まった人が交流する時間になればと思っています。

img_6897

お申し込み方法:

こちらのフォームに送信していただいたあと、へそクリ委員会より確認のメールをお送りします。

https://goo.gl/forms/2lJzUHjgCdfmExnw2

本もお酒も音楽も大好きという方、ぜひお待ちしております!!

TOYODA BEER列車に乗って。

カテゴリ:未分類

多摩モノレールに乗ったことはありますか?

立川、東大和、日野、八王子、多摩の5市を縦断している私たちにとってとても身近な存在。
今までビール列車、ワイン列車、日本酒列車など、モノレールの中でお酒が味わえるイベントがありましたが、今回は多摩地域最古のビール「TOYODA BEER」が飲み放題の『TOYODA BEERナイトinモノレール』に潜入してきました!

14705614_1867070160189846_5153599494143711838_n
集合場所の上北台駅は、ホームに人が溢れ乗客は大興奮!

14732227_1867069986856530_7033935961174681864_n
日常とは異なる特別仕様に胸も高まります…!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろんトヨダビールは飲み放題!
日野焼カレーパンなど、地元ならではの軽食も付いた豪華セットです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

130年の時を経て甦ったビールはコクがあり、深い味わいが楽しめるラガービールです。
少しずつ色濃くなっていく車窓の外の情景に想いを馳せながら、するすると飲み続けてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

折り返しの多摩センター駅では、ホームに新選組の姿をした方々がおもてなし。
トヨダビールクイズも行われ、和やかなひと時が過ごせました。

何度でも行きたいモノレール。
こんな非日常感があるからこそ、毎日乗っている日常の姿も愛おしくなるもの。

乗車してすぐに手元のスマホに視線を落とさずに、流れゆく景色にぜひ癒やされてみて下さい。

編集部が先生になる4日間

カテゴリ:未分類

いつも多摩のまちを駆け回っている編集部が、
フリーペーパーづくりの講座を行います!

まちの魅力を、自分の足で見つける楽しさ。
それを紙面にまとまる面白さ。
参加者のみなさんに感じて欲しいと思っています!

市外の方はもちろん、誰でも参加できます!
ぜひふるってご応募ください!

**********************************
地域デビュー応援講座
「フリーペーパーづくりでまちをたのしむ」
日にち:11月5日(土)、11月19日(土)、12月3日(土)、12月17日(土)
時間:14:00〜16:00
対象:どなたでも参加可能
定員:20名
講師:けやき出版編集部
会場:中央公民館高幡台分室(1回目)、福祉支援センター(2〜4回目)
申し込み:042-592-0864 または pubhall@city.hino.lg.jp

14566361_756158961190034_804965186655991492_o

こくぶんじな日々

カテゴリ:編集部の日常

ただいま国分寺のまち案内冊子を制作中。編集部Mです。
雨続きだった9月末に、表紙周りの撮影を行いました。

img_20161001_004643

まずは、清水農園さん。
雨、雨、雨ウイークのなか、この日は朝から青空が…!
お天気の神様ありがとう、の午前中でした。
(終わった瞬間にぽつぽつきだしました。ほっ)

急なお願いにもかかわらずモデルになってくれた国分寺の皆さんにも感謝かんしゃです。

_20161013_173900-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
そして弊社の若者たちには、カップル役をお願いしました。
S藤さん、M岡さん、ありがとう!

一生懸命、なりきってくれるふたりの後ろ姿に、思わず赤面&ドキドキしてしまい、仮想現実にやたらときめいてしまうというなぞの動揺が楽しかったのでした^^

3連休はあきる野へ!

カテゴリ:たまら・び 編集部の日常

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-8-26-02

たまら・び vol.93はまちの特集が「あきる野」でテーマ特集が「自転車」です。

ならば!自転車であきる野に行って、たまら・びvol.93全部詰めだー!ということで、早速秋晴れの気持ちいい休日にあきる野へ向かいました。

立川からなら色々行き方はありますが、今回は多摩川サイクリングロードを使うことにします。自転車で遠くまで走るコツは、とにかくストレスなく走る事。交通量が多い道や路面状況が悪い道は走りにくく、快適な自転車旅を楽しめません。その点、サイクリングロードなら車もいないので景色を楽しむ余裕も生まれます。
「遠回りでも、快適な道を!」これ鉄則です。あとは、自転車への愛があればどこまででも行けます!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-9-39-44

多摩川を北上し、多摩橋でサイクリングロードを離脱し、平井川をたどってみることに。
特に行き先もルートも決めずぶらぶらと自転車でお散歩することを「ポタリング」といいます。
今回は、行ってみたい、走ってみたいと思った道へ誘い込まれてみる1日がテーマです。

平井川沿いに建つ、パン屋「ラ・フーガス」さんに立ち寄って、朝ごはん休憩。
テラス席は、目の前に緑が広がり、下には川のせせらぎもチラリと見え、鳥と虫の鳴き声がBGMの素敵なお店です。
サンドイッチの中には、あきる野産のフレッシュ野菜がギュギュッとはさまれ、朝ごはんにぴったり!


気になる道、気になるものを探しながら、ゆったりと秋を感じるポタリング。
西に進めば進むほど、どんどん山が近くなってきて、ワクワクが止まりません。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-11-14-57

武蔵五日市駅までやってきました!
駅前ではたくさんの自転車乗りが輪行のパッキングを解き、山へ走りに行こうとしています。都内で最も賑わうヒルクライムスポット風張峠があるため、結構本格的なローディーが多いです。
私は超ゆるゆるポタなので、後ろから風のようにゴボウ抜かれていきます!!

たくさんのローディーの背中が小さくなるのを眺めながら、マイペースでたどり着いたのは「瀬音の湯」さん。足湯で疲労回復です〜。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-02-11-44-59

目的なく、「ただ癒されたい」という気持ちだけで、あきる野に行く理由になります。
それだけあきる野には見どころと癒しが溢れています。

3連休に予定がないけど癒されたいアナタ!!たまら・びを読んで、ぜひあきる野へ。

たまら・びvol.93は、以下のページからもご購入いただけます!
今すぐ読みたい!!というアナタにぴったりな、電子書籍も配信中〜
http://keyaki-s.co.jp/detail/lavie93/

初心者3人組、カメラのノウハウをまなぶ!の巻

カテゴリ:イベント 編集部の日常

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「たまら・び」や「たまもの」、その他たくさんご協力いただいている、yuricameraさんの写真教室に参加してきました!

カメラの技術的知識がほぼ0の編集部Iと編集部S、そして我らが編集長は意気揚々と井の頭自然文化園へと向かったのです。

yurikcameraさんにご挨拶をして早々に「今日はオート撮影禁止令だします」と宣告!
オートでしか撮影したことがない私たちには死刑宣告のように厳しいお言葉を笑顔で言われてしまい、泣く泣くオートモードとはおさらばです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、入園券とともに手渡された「動物園での撮影レシピ」をもとに設定し、動物たちの前に移動する度に撮影のポイントや上手にとれる設定なども教えていただき、ド素人3人組も安心して教室に参加できました。

光の辺り具合や柵が多い動物園ならではの撮影方法、ガラス越しの撮影のコツなどなど、実践的でためになるお話が多く、「へぇ〜〜!」と唸り続けていました。

中でも、「三分割法」は編集部内での流行語になりつつあります。
※画面を9等分にし、その線上もしくは線同士の交点上に主人公を置くとバランスがとれていい構図になるというもの。

_mg_6334

そして!なによりもテンションが上がったのが、こちらの望遠レンズ!
株式会社SIGMAさんが持ってきていたレンズをお借りして初めての望遠レンズ撮影に挑戦です!

ずっしりとした重量感。しばらく撮影を続けるとレンズを支えている左腕が痛くなってきます。
カメラマンさんのタフさを実感した瞬間でした…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファインダーをのぞいてみると、遠くの物がすごく近くに見える!!望遠レンズなので当たり前ですが、今までに覗いたことのない世界が広がり、夢中になって動物たちのベストショットを狙います。

そんな素人3人組の望遠レンズ初体験写真を大公開!

いかがですか?!なかなか良い表情の動物たちが撮れていたのではないでしょうか!
なんだかすこ〜しプロになった気分。

編集長、レンズ買いませんか?