多摩のまちとひとをつないでいく

けやき出版

自費出版

himikono-keihu

伝承考古学Ⅱ 書紀にほのめくヒミコの系譜

著者 崎元正教
価格 本体2,000円
タイプ A5判 347頁
発行日 2012年7月24日
ISBN 978-41877514730

書籍を購入

“各種の伝承史料や考古史料を尋ね歩いて解明した「伝承考古学」の第二弾! 
 
日本書紀には、ある皇后の巻に『魏志倭人伝』が三度も引用されており、史家の中には、書紀がヒミコをその皇后と誤解したとする説をなす方もいる。が、それは書紀苦心の作為であることは、ヒミコに擬せられたその皇后の崩年を倭人伝のヒミコ没年と二十年ほども乖離させていることから明白である。
 ヒミコの時代からわずか四、五百年、かつ倭人伝も手にしていた書紀編者がヒミコほどの重要な人物を書紀に描かぬはずはない。その一念で書紀を復読すると、そこにヒミコについての幾多のメッセージが埋め込まれていることに気付かされる。
 本書はそのメッセージを読み解いて復元したヒミコの系譜とヒミコ前後の建国史を各種の伝承史料や考古史料を尋ね歩いて検証したものである。