多摩のまちとひとをつないでいく

けやき出版

自費出版

kunitachi

「くにたち大学町」の誕生―後藤新平・佐野善作・堤康次郎との関わりから

著者 長内敏之
価格 本体1,500円
タイプ A5判 180頁
発行日 2013年1月5日
ISBN 978-4877514822

書籍を購入

東京・国立駅周辺と、満鉄付属地の長春市街地図が酷似していることに気づいたのが始まりだった。
 あの三角屋根の国立駅舎が象徴する学園町は、如何にしてつくられたのか。
今に残る草創期の史料をひもとき、歴史の謎を追いかけた記録。