多摩のまちとひとをつないでいく

けやき出版

単行本

tennen-risinryu

風紋「天然理心流」

著者 独活章
価格 本体1,500円
タイプ 四六判 250頁
発行日 2005年9月7日
ISBN 978-4877512861

書籍を購入

【推薦】藤岡弘、これぞまさに武士道精神!
日本には古来より先人達が脈々と磨き続けてきた剣の道があった。その道は伝承され、ふれる者の心と魂を磨いてゆく。近藤内蔵之助の剣の道も多くの人を引き寄せ「天然理心流」という流れとなった。極めればそこにあるのは「武士は戈を止むるの義なれば、少しも争心あるべからず」人を活かす道(活人剣)――これぞまさに武士道精神。  合掌

新選組の剣「天然理心流」は、いかにして生まれたのか?多摩ゆかりの剣豪・近藤内蔵之助。修業のための流浪の果てに奥義を会得、不動の「誠心〈まこと〉」を芯に「天然理心流」を興す。その「風紋」は三助、周助、そして近藤勇へと伝わり大輪の花を咲かせた――新たに発掘した歴史資料など史実をまじえて描く、痛快かつ重厚な剣戟時代小説!